2014年01月21日

ファントムデッキを練りまして、やっと落ち着きました。

色々考えた挙句、新規に採用したのはこれ!

昇り龍 梧桐

昇り龍 梧桐
0/02500。他の自分のキャラが2枚以下なら、他のキャラ全てにレベル+1。
WGPで3位に入賞された方のデッキにも入っていました。ツヴァイをLV1相打ちから守るには必要になってくるんですよね。本当は入れたくないんですけど。。ある所でプリズマ☆イリヤにボコられて、リライトにボコられてから、採用を検討し最終的にデッキに入れました。

それではデッキレシピです。



基本は今までと大きく変わりませんが、昇り龍 梧桐はLV0の段階で握っておきたいのと、「ファントムを継ぎし者ツヴァイ」が場に出た時には一緒に出せると良いですね。
ただ、梧桐は他のキャラ2枚までならLV+1と場のキャラの数に制限があるので、注意が必要です。理想はツヴァイを前列に2面並べて、後ろには梧桐だけの状態でツヴァイ圧縮を進めていきとにかくリフレッシュまで圧縮を増やすことです。それが理想ですが、男は引き際が肝心なのでその辺りの見極めが重要になってきます。ツヴァイに固執しすぎるとダメージレースで負けてしまう可能性が高くなるので、引き際をちゃんと見極めた使い方をしないところっと負けます。

タイミングを見て、クロウディアor元ファントム江蓮orサイス=マスターと入れ替えが良いかと思います。
圧縮が捗れば、ほとんどダメージも受けずにいけます。実際、プリズマ☆イリヤの“Kaleidoscope”イリヤ2体からのバーン【1+1+3,1+1+3,1+1+3】をキャンセルでしのげました。

LV0でツヴァイが出せれば、そうそう狩られる事はないですね。
LV1相打ち搭載デッキには注意が必要でしたが、梧桐のおかげでしのげます。
4色構成になっているので、できるだけキャラを維持しつつ回していかないと事故の元になります。

レベル0
狂気に満ちたドライ 1
昇り龍 梧桐 2 
江漣&ドライ 1
二番目の男ツヴァイ 4
陰謀家クロウディア 4 

観測手 キャル 3
ツヴァイの教官アイン 2


レベル1
“ファントムを継ぎし者”ツヴァイ(PR) 4
食えない女 クロウディア 3

最大の信頼 アイン 2 

サイス=マスター 3 


レベル2
“最強の暗殺者ファントム”アイン(PR) 2
人を殺す才能 玲二 2

レベル3
“無敵のファントム”ドライ 2
“インフェルノのファントム”ツヴァイ 1
“誰でもないファントム”アイン 4
元ファントム 江漣  2

クライマックス
名前 4
決着 2

終幕 2

LV0 17
LV1 12 
LV2 4 
LV3 9 
CX 8
合計 50

レベル0
運任せですが、“ファントムを継ぎし者”ツヴァイがLV0で出せればもう安泰です。 
が、出ないことも多々あるのでその場合はアインとドライと二番目の男でなんとか持たせます・・・。
あと、ツヴァイのマーカーには武器のキャラが必要になるので、武器のキャラをマリガンで1−2枚捨てられるなら捨てた方が良いですね。

レベル1
レベル0でツヴァイが出なかった時はここで出していきます。ツヴァイが出たら、梧桐も同時に出していきます。ただし、ツヴァイに固執するのはやめましょう。
相手がLV1以下相打ちを持ってる(持ってそうな)場合は、アインのチェンジを使って対抗していきます。CXシナジーも打てるならバンバン打っていく感じです。
後列にサイス=マスターを置ければ、アンコールで場を持たせます。同時にクロウディアも出していけると言うことないですね。キャルの集中で手札を整えつつ、来るべき時を待ちます。

レベル2
早出ししたアインにがんばってもらいます!もしくは居座っているはずのツヴァイで。
あとは相手と自分の控え室の状況次第で、黄色いあの子を早出しするか、青いあの子にするかを選択。
どっちもダメなら、赤いあの子にがんばっ(ry
このデッキでは、ドライの早出しは採用していません。 

レベル3
 アイン、ツヴァイ、ドライのファントム達が一気に駆け抜けるレベル。
ドライのシナジーで2回攻撃で詰める、ツヴァイのクロック送りで詰めるなどなど

どのレベル帯も高パワーが出るので、制圧にはさほど困りません。
集中、サーチ、回収と手札を確保する手段がたくさんありますが、4色使っているので場持ちさせなければ事故を起こしてしまいがちです。
ですが、サイス=マスターが出ればアンコールで場持ちをさせることもできます。
またサイスは相手のクロック送りをメタれるっていう特技も持っています。
色々おもしろい効果をもったカードが多く、クセのあるデッキになっていますが、慣れればかなり楽しいです!w

 

(19:00)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字