2019前期カード制限

2018年12月26日

2018年12月25日に2019年のカード使用制限改訂が発表されました。
適用期間: 2019/2/1 からですのでご注意ください!

黒子

ヴァイスシュヴァルツ 「2019年前期」 カード使用制限改訂 

対象となるカードは以下の通りです。

■【2019年度前期】ネオスタンダード構築/タイトル限定構築 

まずは新規制限から〜
BanG Dream!
使用不可
キラキラを求めて 香澄
3種選抜
市ヶ谷有咲
“クライブ”有咲
がんばれパン

ラブライブ!サンシャイン!!
1枚まで使用可
“MIRAI TICKET”渡辺 曜
3種選抜
“恋になりたい AQUARIUM”黒澤 ルビィ
“青空Jumping Heart”小原 鞠莉
“MIRAI TICKET”桜内 梨子

ひなろじ ~from Luck & Logic~
2種選抜
見守る者 学園長
おもてなし 夕子 


続いて制限解除!

探偵オペラ ミルキィホームズ
1枚まで使用可
コーデリアのお花畑


使用制限


ダ・カーポ&Dal Segno
2種選抜
水着の杏
木琴占い

リトルバスターズ
使用不可
休憩!

涼宮ハルヒの憂鬱
使用不可
色褪せた世界
情報連結解除

ペルソナ
使用不可
神木 秋成

艦隊これくしょん~艦これ~
使用不可
飛鷹型軽空母2番艦 隼鷹
3種選抜
陽炎型駆逐艦7番艦 初風
ドジっ娘 電
暁型駆逐艦2番艦 響

クレヨンしんちゃん
1枚まで使用可
封印された拳 アクション仮面

ニセコイ
1枚まで使用可
乙女心 万里花

アイドルマスター シンデレラガールズ
4種選抜
赤城 みりあ
ホラー大好き 小梅
渋谷 凛
Power of Smile 凛

<物語>シリーズ
3種選抜
“最後”まで笑顔 八九寺真宵
一心同体のパートナー 忍野忍
白くて白々しい 羽川翼

ご注文はうさぎですか??
2種選抜
出会えてよかった チノ&ココア
いっしょに行こう ココア

バンドリからキラキラ香澄が禁止になりましたww
きらきらを求めた結果、使用禁止とはこれいかに。
印象としては、

サンシャイン:結構クリティカルな規制
バンドリ:いうてもまだまだ大丈夫
ひなろじ:やや厳しめ


な感じがします。
ぶっちゃけ、良い規制だとは思うけど、半年遅かったよね?
あとは、2月の制限がなんで今このタイミングなんだろう?
全国もまだやってないのに。
逆に言うとそれぐらい、緊急性があるってことなのかも知れないけど。
一方で、SAOは無傷。

そのあたりは以下のブシロードの見解を交えつつ、私見を述べたいと思います。


「ネオスタンダード in WGP2018」における使用率
●「ネオスタンダード in WGP2018」における使用率 全会場を通じた「全体」「予選上位(全勝+一敗ライン)」「予選全勝」での各タイトルの使用率は下図の 通りとなりました。全体での使用率が 3%以上のタイトルを表示しています
「ネオスタンダード in WGP2018」における使用率
「その他」にまとめられているタイトルでは、「冴えない彼女の育てかた」「Fate/Apocrypha」「初音ミク -Project DIVA-」が「ダ・カーポ&Dal Segno」に続いています。
予選全勝者における「ラブライブ!サンシャイン!!」の全体での使用率から予選全勝の使用率への濃縮率が群を抜いて高いことが分かります。
ほかのタイトルでは「ソードアート・オンライン」「ひなろじ ~ from Luck & Logic~」の使用者の予選全勝に進む比率が高くなっています。
「その他」のタイトル群については、予選全勝までは進みづらいですが、全体での使用率と予選上位 での使用率の比が 1:1 に近く、予選全勝者と使用タイトルが被りづらいことから、大会レギュレーション を活かして決勝ラウンド進出を狙うことができます。
・サンシャインが全勝者における使用率で突出しすぎた
・SAO・ひなろじも多い
・他のタイトルもがんばればなんとかなるかもね

ってことが書いてありますが、それにしてもSAOがスルーされたのは解せないなぁ。
たしかにサンシャインは圧倒的だけど、全勝だけでいうとバンドリとも大差は無いし、ひなろじよりも多いと来てる。
その辺はどんな議論がなされたのかはわかりませんけど、どういう意図なのかは知りたいなぁと。
ただ一方で、規制で解決する流れはどうも賛成できないですね。
他タイトルにも同様のカードを発売するとかで、タイトル間格差の縮小を目指してもらえると、黙って買うのになぁw
買いますよね?w

続きまして、トリオです。

●「トリオサバイバル in WGP2018」における使用率
全会場を通じた「全体」「予選上位(全勝+一敗ライン)」「予選全勝」での各タイトルの採用率は下図の通りとなりました。
全体での採用率の割合が 9%以上のタイトルを表示しています。
なお、3 人 1 組のチーム戦であるため、下図の割合は、全参加者数に対する各タイトルの使用者数の割合ではなく、全チーム数における各タイトルの採用チーム数の割合を表しています。
「トリオサバイバル in WGP2018」における使用率
「その他」にまとめられているタイトルでは、「 冴えない彼女の育てかた」「進撃の巨人」 「STEINS;GATE」が「ご注文はうさぎですか??」に続いています。
ネオスタンダード同様に予選全勝者における「ラブライブ!サンシャイン!!」の使用率が高く、また使 用者の予選全勝に進む比率も高いことが分かります。
ほかのタイトルでは「BanG Dream!」「この素晴らしい世界に祝福を!」「ソードアート・オンライン」を使用したチームの予選全勝に進む率が高くなって います。
・ネオスタンダードと同様、サンシャイン・バンドリ・SAOの使用率が高い。
・このすばがトリオだと混ざる。

ってことが書いてありますが、ここでもやはりSAOが顔を出すんですよね。
ネオスタンダードの結果から当然と言えば当然ですけど。
上記「ネオスタンダード in WGP2018」「トリオサバイバル in WGP2018」の結果から、両大会での 使用率と上位進出率や入賞デッキの内容を踏まえて、「ラブライブ!サンシャイン!!」「BanG Dream!」の 制限内容の変更、「ひなろじ ~from Luck & Logic~」への使用制限の追加をします。
また、「ソードア ート・オンライン」については今後の状況を注視します。
また、現状の仕様制限内容を再度精査し「探偵オペラ ミルキィホームズ」の制限内容を変更します。
ひなろじはたしかに凶悪ではあるけど、全勝ラインにはそこまでじゃないと思いますね。
影響でいうと、SAOの方が高いと思います。
ただたまたまSAOだった可能性も捨てきれないので、注視って判断は妥当かなぁとも思います。
まぁ結局、サンシャイン・バンドリ・ひなろじ(特にサンシャインとバンドリ)をひっくり返して、環境一新してやろうって考えが透けて見えると思います。

サンシャインは、正直もっとやっても良かったかなぁと思います。
ヨーソローが1枚とはいえ入るし、「“捕獲体勢”松浦 果南」も帰ってくるし。
バンドリは、「蔵の中にあったもの」を採用してるデッキが勝ってる。逆に言うと、それしか勝ってない。
なので、キラキラ制限して、クリスマスコンボの入り口を止めたってことですよね。
ひなろじは、学園長がアキレス腱だったのかなぁって思います。
あとは、ミルキィ開放するならハルヒはもういいだろ!wwww


ヴァイスシュヴァルツ ブログランキングへ 

にほんブログ村 ゲームブログ ヴァイスシュヴァルツへ

にほんブログ村

(18:46)